男性のホルモンの分泌が多い人物は20代・30代の時でも髪の毛が細くなってしまいやすいらしいとのことです。

しかし、年齢が上がるごとに頭の皮膚の血液の巡り方の不良や代謝機能の減退といった他の誘因も付加することで、どうも髪が薄くなりやすいのです・・・。

医療用現場にて処方してくれるフィナステリドという名前の薬品がジヒドロテストステロンの動きをコントロールする見事な効き目が備わっているそうで、男性特有の脱毛症向けの治療薬に使われているそうなのです。

しかし、今は自分自身にはそれほどの対策は必須ではないと自己診断をしてしまったのです。

男性ホルモンの治療を始めてみて1ヶ月半くらいが経過して、ようやく髪が抜けることが日を追うごとになくなったのです。

そしてそれから1ヶ月後には髪の厚さが見るからに増量たため、目からでは判断できないわけですけど、男の人特有のホルモンに少なくても変化が表れているのだなと体感してたのです。

育毛促進剤

 

洗髪料によって薄毛対策をしてみよう

頭の皮膚の状況をきちんとチェックしました。

なんと、頭皮が真っ赤でした・・・。

赤色だったら血の流れが良くていい、そうよいように思ったのですが頭皮は逆に赤いというのは危険信号、白いと健康だそうだ。

やっぱ洗髪剤がよくないのかな…と思いました。

いろいろある頭皮シャンプーの説明書きを見ていると、つまり自分がこれまで使ってきた洗髪料は洗浄力が強すぎるようです・・・。

念を入れてシャンプーしていたというのはよいとしてもその行為が結果的に頭の皮膚にダメージを与えていて育毛は期待できない状態になったみたいです!

正しくシャンプーをした後、育毛剤の効果も徐々に効いているのです!

なぜならば頭皮の状態が良いと増毛剤がもっと効きやすくなると。

それで初めて増毛剤が全力を出せる下準備ができたっぽいのです。

 

 

もう40歳代だし日常生活を洗い直して抜け毛対策スタート!

今現在、食事がどうしようもなく偏っていることが気がかりになっています。

グダグダとした生活のことを言い訳にコンビニ弁当で済ますことが多いのです。

良いわけないということはわかっているんですが、フラフラで帰ってくると手っ取り早い食事につい頼りたくなります。

薄毛には悪いですがね。

頭部の皮膚ケアの1つの手段として頭部もみほぐしをしてみることにしたのです。

頭部用指圧お助けグッズを買い洗髪前に使用したのです。

その効果なのかシャンプー時の泡の具合はとんでもないわ、血流はとてつもないわで育毛の対策の効き目を体感することができました。

そういった生活の中でケアから自堕落な生活自体を見直すだけでも全然変化が期待できると思います。

男性特有の抜け毛で辛い気持ちでいる人たちは発毛ケアを挑戦してみて予想していた良い結果が出ないなら、専門機関に行って治療をされるなどの対処を真剣に考えてみるのはいかがでしょう。