薄くなる毛とか抜けてしまう毛についてのそもそもの原因を発見することが、養毛対策を行う上では大切なことだと聞きました。

40才を過ぎてから髪の毛の抜けが目につき出した男の人には、どういう技法で養毛ケアを続けるのが効果が出るのだろうか知りたいのです。

男性特有のホルモンの一つに、テストステロンといったホルモンが存在し、特には男の形質を作る役割を担っているそうです。

そのTHへとある酵素が混ざり、DHTというホルモンへと変換されて、それが毛髪の脱毛をひどくさせるそうです。

男性のホルモンの対策と併せ食事の内容の見直しと頭の皮膚を揉む施術等々今の生活においてもやっていけることを極力やってみることで薄毛についてのケアに励んだのです。

継続してきちっと治療することが大切と本当に思います。

 

 

スカルプシャンプーを変えることで薄毛は阻止できるかやってみよう

近頃昔に比べて頭頂部が寂しいような気がするのだ。

人生も半分過ぎてそういう年頃になったのだといってしまえば反論の余地はないが、やっぱり抜け毛じゃない方がいい。

それに、ずっと容姿は若いままで保っていたい。

どうすればいい?

スカルプシャンプーに変えて生え際のボリュームが少し増したように感じました。

ヘアスタイルも手軽にキメやすいような気がします。

抜ける毛の量も改善したようで、しばらく使い続けてみたいって思うようになった。

私が購入したスカルプシャンプーを確かめると’シャンプーというものは髪を洗うことが目的でなく頭皮の環境をよくするのが目的’などといった旨が記載されていたのですが、実際使ったら確かにそうだと感じたのです・・・。

スカルプケアの秘訣といえるのでは。

薄毛対策

 

 

髪の洗い方により発毛を変える

毎晩疑問を抱かずしていた洗髪のやり方ですが、実は恐ろしい思い違いで、そのことが頭部の皮膚の状態を自分自身で荒れさせた上、発毛対策を邪魔している原因であるらしいというのを知ってしまいました。

増毛対策にいいシャンプーを購入し、さらに洗髪方法に対してもとことん学び直してみよう。

大半の人たちがそうしていると推測するのですけど、汚れをなくそうとして一生懸命シャンプーするのこそがNGらしいのだ。

洗髪料の使用前に、熱いお湯でよく流すように決めました。

実はこれが肝!

温かいお湯でていねいにすすげば大部分の汚れがなくなり、さらに洗髪料も泡立ちやすくなり強く擦ることさえもなくなるのである。

シャンプーのしかたを変えるだけで、これだけ育毛ケアがパワーアップすると衝撃でしたが、いかにこれまで頭髪に厳しい状況を生産してしまっていたんだろうか…と考えれば、若干泣きそうになりました。

しっかりしないと!