スマホを利用してごはんとハゲとの因果を調査してみました。

やっぱり冷凍食品というのはいけないらしく、糖質や脂肪分の摂り過ぎに関してはもちろん、様々な添加物が体内に入ると影響を与えて血行が悪くなるとか、薄毛に障害を引き起こしてしまうのです。

髪のもとであるタンパク質が肝心。

しかし肉だけでは血があぶらみたいになってしまい流れが停滞するらしいので、大豆系から質の良いと言われるタンパク源の摂取をした。

聞くところには亜鉛を摂ると薄毛のために有効らしく、またビタミンBは頭皮の代謝を活発にする効果を持っています!

薄毛対策の定番だとされるミネラル豊富だといわれる海藻なども摂るようにして食自体を改めました。

気のせいかもですが、食の適正化をして以来育毛剤やスカルプシャンプーの方の成果も今までと比べて手応えがあるようになった。

 

抜け毛を抑制すると言われる食生活について調べた

オンラインを使用して食品と髪の関係について検索したところ、予想通り加工食品ばかり食べるのはだめみたいで、脂分・糖の過剰摂取というのは当たり前として、いろんな添加物が身体の機能に悪影響を引き起こし血流が滞る等、発毛にトラブルが生まれてしまうとのことです。

外で食べることが多いため気をつけるべきだ。だけど、仕事での付合いとかによって、外食自体を減らすのは難しいかもと思う。

だから、外で食べる際は健康志向のごはんを食べるようにした。

育毛を阻止する食品を避けて、育毛ケアを助けてくれそうな食材を積極的に摂る毎日を約2か月実施した結果、頭髪のボリュームが回復しているようです!

いまだに髪の毛の抜けのことは気になったりもするが、快復への一歩が見つかった気になった。

 

薄毛対策を妨害する生活スタイルを考えてみた

これまでの間、薄毛対策を全然やってこなかったわけじゃあありません。

育毛剤はもちろんだし、スカルプケアシャンプーも使っているため、あと改新するべきは生活スタイルでしょう。

ライフスタイルで思いつくことが食事についてだと思います。

多忙なんだ、を口実にしては、インスタント食品や外食で済ます生活をしている。

塩分過多は内蔵だけにとどまらず、発毛にだってだめらしいのです!

仕事に追われて寝れる時間が減少し、それに加え眠りにつく前のスマホでのSNS閲覧で就寝が深夜になるケースも。

食事の栄養がしっかりと体の中に巡らないことが原因で薄毛対策がうまく進行しないのでは?と思い長めに寝るようにやったのです。

面白いことだがきちんとした毎日を過ごせば、日常のストレスがたまらないようだ!反対に抜け毛ケアに反する日々だと、より髪が抜けやすくなる。

すぐにできることから暮らしの習慣の改正を始めてみたいというふうに考えています。

薄毛対策.com